寝つきを良くする方法について注意点とコツ

現代社会のストレスの一つとして寝ようと思っても眠れない事がありますが、とても辛い事と言えます。

寝付きが良くなれば、睡眠時間も増えてストレスも減るので、寝つきの良くなる方法を理解しておく必要があります。

日常生活で気軽に行う事が出来る方法として寝る前に体温を上げる事が良いです。

基本的に眠りに入るには、体温を下げることが大切と言えますが、就寝前にあえて体温を上げることで、就寝時に反動で体温が下がりやすくなります。

体温を上げる方法の一つとして就寝前の1時間以内にお風呂に入ると良いです。

熱すぎない温度のお湯でしっかりと湯船に浸かる事が肝要です。

15分程お湯に浸かる事で、体が芯から温まり体温が上がります。

就寝前の1時間以内にストレッチをする事も良い方法です。

ストレッチで体をほぐす事で、体温が上がり気軽に行う事が出来ます。

息が切れる運動は逆効果なので、ストレッチを継続的に行えば、健康的にもよい効果が期待できます。

就寝前に生姜湯やホットミルクを飲む事も寝つきが良くなる方法です。

生姜は体を温める効果が高く、生姜湯を飲むとすぐに体温が上がるのでおすすめと言えます。

注意点としては、生姜紅茶は、目覚めに効果的なカフェインを摂取する事になるので、生姜湯にする必要があります。

ホットで飲むと身体が温まりますが、カフェインの含まれているコーヒーや紅茶は逆効果になるので、注意が必要です。

寝つきをよくする方法としては毎日継続的に行う事が肝要です。

雲のやすらぎの通販ならこちら