麻婆豆腐とラーメンの異色のコラボ

スーパーでお買い得品を物色していたときのこと。特売コーナーに山積みされているカップラーメンが目に入り、今の時期あつ~いカップ麺も悪くないかな、と立ち寄ってみた。

覗いて見ると、そこにあったのは麻婆豆腐ラーメン。

麻婆豆腐にラーメンとは珍しい組み合わせ。麻婆豆腐のようなどろっとした食べ物と、汁物系であるラーメンが、果たして合うのだろうか。特売で山積みにされているあたり、あまり売れていなかったのだろうか。もしかしてあまり美味しくなかったのではないだろうか。

なんだか「ハズレ」の予感がしたものの、仮に不味かったとしても所詮特売品で買ったもの、懐はさして痛まない。特売が終わったらもう2度と店頭に並ばない可能性もある。1度試しに食べてみるくらいいいのではないか?

そう考え、1個だけ購入してみることにした。

家に帰り、さっそくお湯を注いで待つこと3分。微妙に沸かしたお湯の量が少なかったため、ここまでお湯を注いでね、の目印の線よりちょっと下くらいまでしかお湯を注げなかったが、まあちょっと味が濃いくなるくらいで問題ないだろう。

3分経過後、フタを取るとムワッとチゲ鍋のような香りが漂う。やはりお湯が少なかったため、パッと見汁が見えない。気にせず軽く全体をかき混ぜると、麺のまわりにとろみが絡みつく。

食べてみると、まさに味は麻婆豆腐。麺と一緒に食べてもさして違和感はない。汁はとろみとコクのあるピリ辛スープのようでけっこう美味しかった。

不味くはない。不味くはないが、なぜこれをラーメンにしてしまったのか。あえて麻婆豆腐とラーメンを一緒に食べなくてもいいんじゃないのかな。そんな何ともいえない気分になったのだった。

ラブグラの通販サイト | おすすめランキング